お問い合わせはこちら

東京 ☎03-3259-1511 メールでご相談>

大阪 ☎06-6292-1511 メールでご相談>




手つかずの自然が残された野生動物の密集地帯


アフリカ大陸最南端の南アフリカ共和国のすぐ北に位置する内陸国です。国土の約17%が政府により自然保護区に指定されているため手つかずの自然が残され世界各国から観光客ばかりでなく多くの研究者が訪れます。その一方、首都のハボローネをはじめとする都市部は各種交通やITなどのインフラが整備され近代都市の様相を呈しています。自然の宝庫・ボツワナのチョベ国立公園は、ゾウの生息数が世界一といわれていて、その数およそ7万頭。アフリカの中でもゾウの大群に出会える可能性の高い国立公園のひとつです。サファリカーは完全なオープンカーになっていて、窓越しではなくダイレクトに動物たちを観察でき、ワクワクドキドキ迫力満点で動物鑑賞を楽しめるのも大きな魅力です。また、世界最大の内陸デルタのオカバンゴにあるモレミ動物保護区もすばらしい場所です。モコロと呼ばれるボートで湿原をめぐるのも、とてもおもしろい体験となるでしょう。

モレミ動物保護区ページトップへ>

モレミ動物保護区
Moremi
Game Reserve
地球最後の究極サファリスポット!

モレミ動物保護区はオカバンゴ・デルタの東の端。動物の種類が多く南部アフリカを代表する保護区です。ライオン、ヒョウ、チーターはもちろん運が良ければワイルドドックも見ることができます。水の多いオカバンゴデルタから、乾燥したモレミ保護区への移動は陸路では無理なので、小型機を利用します。上空から見下ろすデルタの絶景もまた必見です。滞在は豪華なテントロッジです。ゆったりとしたスペースのナチュラル感を大切にしたロッジは、テントとは思えない洗練されたインテリア。通常のロッジとは異なり、野生動物の鳴き声も真近に聞けるのが魅力です。


オカバンゴデルタページトップへ>

オカバンゴデルタ
Okavango
Delta
驚くべき数の野生動物が集まる
世界最大のデルタ

オカバンゴ・デルタは世界最大の内陸性デルタ。アンゴラの高原から流れ出た雨水はオカバンゴ川となり、ボツワナを南下し、約1万5,000km2(東京都の約7倍以上)の巨大な三角形の湿地帯を造り出しています。これがオカバンゴ・デルタです。木をくりぬいて作ったモコロと呼ばれる丸木舟でのサファリはオカバンゴならではの醍醐味です。スイスイとアメンボになった気分でパピルスやアシが群生する細い水路を走り、音もなく象に近付いて行ったり、モーター付きのボートでは味わえないサファリ体験ができるのです。


チョベ国立公園ページトップへ>

チョベ国立公園
Chobe
National Park
ゾウの大群と出会える!?
生息数は世界一!

チョベは象の生息密度が世界一で、ジープサファリに加え公園内を流れるチョベ川の水辺に集まる動物をボートから観察できるユニークな国立公園。沢山の象はもちろん、ライオンやインパラ、ワニ、”Chobe’s smile”と呼ばれるカバのあくびも見れることも!ビクトリア滝から日帰りで行くことも可能ですが、アフリカの旅に急ぎ足は似合いません。チョベに宿泊すればより多くの動物に遭遇できるチャンスも増え、悠々と流れるチョベ川に面したレストランでのランチや、アフリカならではの鳥の鳴き声に耳を傾けたり、夜空に広がる満天の星空を眺めることが出来ます。ゆっくり時間を過ごして雄大なアフリカの自然を、より身近に感じてみてください。